TOSHIBA RD-E300で録画した動画をPCにダウンロード

DLNA対応RDからパソコンに番組をダビング

概要

■RDLNA (RDLNA Client)を利用してダウンロードします。

RDLNA (RDLNA Client)
作者:872@2chさん
出来ること:RD→PC、VLCと組み合わせてRD→PCストリーム視聴


■DLNAを使うと、ネットdeダビングよりも高速に番組をPCにコピーすることが出来ます。
■DLNA対応レコーダーは、Wake-on-LAN(WOL)に対応しており、マジックパケットによる遠隔電源ONが可能です。
※RD-E303はWOLに対応していません。
RDLNAにも遠隔電源ON/OFF機能があります。

作業手順

①使用前に、ネットdeナビの画面をパソコンで開き、設定からDLNAを有効にしましょう。
設定方法に関してはRD-Style.comに解説ページがあります。
②DLNA.exeを起動します。
③接続先に「RE-E300」を入力し、「接続」をクリック。
④「VIDEO」-「RD-HDD」とツリーを展開し、ダウンロードしたい番組を選択します。
⑤「ダウンロード」をクリック。
⑥保存先を選択し、「OK」。
ダウンロードが始まります。60分番組で10分程度でしょうか。
※連続でダウンロードしたい場合
ダウンロードしたい番組のタイトルをダブルクリックしてから「連続DL」をクリックすると、連続でダウンロードしてくれます。

関連ツール

RDLNA連動 Windows自動終了
RDLNAによる番組転送完了後、自動的にパソコンの電源を切るためのツールです。

備考

■PCにネットdeダビングできるのはアナログ放送のみ。
■DTCP-IP対応ソフトと対応PCがあればTS録画したのは視聴できる。
■DTCP-IP対応のPS3とかネットワークメディアプレイヤーでもTS録画したのを視聴できる。
■CPRMなDVDをPCにリッピングすることができる。
HDVRのDVDに焼いたTS、TSEもPCにリッピングできる。




  • 最終更新:2010-02-12 18:47:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード